起業:消防設備士『中村が病んでしまった』vol.618 2020.9.25

東京1257日目!

あらすじ

中村勇太が病んでしまった
その件で俺から問題となった取引先の社長に電話した
その後、部下や吉田の助けを経て中村は復活を果たした
WAVE1の周りを助け合う文化に感動した
この環境を大切にしていきたい

オンラインサロン『team1』

マッチングサービス『ビルメ』

著書『最強の仕事』

YouTubeチャンネル『WAVE1TV』

中村が病んでしまった

【25日】

昨夜、中村勇太と電話した

彼は色んなことの掛け算で精神的に病んでしまった

身体の震えが止まらず家から出られへんようになってしまった

朝からずっと部屋でおったらしい

それを聞いて電話した

俺「大丈夫か?」

返答する中村の声は細々として冷静に物事を考えられへんようになってた

朝、その異変に気付いた部下が「ゆっくりしてていい」と中村を置いて現場に向かった

↑当時のブログ記事はこちら

原因は先日ブログで書いた現場

あと3日後(28日)に消防検査がある

それに間に合うかどうかギリギリの状況

利益度返しで手当たり次第に応援を呼びまくってる

予定と違うことが多過ぎたけど、それでも『受ける』と決断したウチは絶対に終わらせる必要がある

利益は残らんくても勉強になるならそれは価値になる(取引先を見定める判断力、現場での交渉力など)

ただ、途中で逃げたら何にもならん

だから中村を復活させる為に俺から元請けの社長へ今朝に電話した

社長と電話

俺「お疲れ様です」

社「いやぁ〜中村さん大変でしたね?大丈夫ですか?僕本当に心配で」

俺「今、精神的に病んでしまって部屋から出れない状態です。現場での日々話が変わる状況に振り回されて朝から晩まで作業しっぱなしで心にダメージ受けてます」

社「そうですよね。まあ、何とか現場は進みそうなので中村さんにはゆっくりしてもらってください」

俺「いや、中村は復活させようと思ってます。ここで逃げると彼の中で一生悔いが残るので。もうすぐで終わる所まで頑張ったのに、辛くなったからと言ってこのままこの現場からフェードアウトなんてさせません。逆に今回復活して完了させたら中村は更に成長しますのでそこを大切にしたいと思ってます。」

社「素晴らしいです。僕も是非中村さんにはまた現場に来て欲しいです。中村さんの部下が工程を理解してるので問題なく最後まで進むとは思いますが、彼が折角今まで頑張ってくれたので。」

俺「何故中村が病んだのかわかりますか?」

社「ん〜正直、僕かなって思ってます。前からのやり取りでも少し言い過ぎたかなって。あと、コッチ側での工程管理も出来てなくて振り回してしまってたので」

俺「はい。僕も中村からそう聞いてます。勿論こちらにも落ち度はありました。しかし、話を聞いてると元請としての御社の対応には大きな違和感がありました。問題が起これば僕たちに被せて放置していたという印象を現場サイドは受けていました。」

社「はい。中村さんには悪い事をしました。」

俺「僕はこのような元請さんとのやり取りは辞めてきました。今回の現場が終われば御社との今後の取引は辞めようと思ってます。」

社「・・・なるほど。そうですね」

俺「しかし、今取り組んでる現場は絶対に逃げません。何としてでも、どんな事があっても必ずやり遂げます。一度『受注する』と言ったので。そこは安心してください。」

社「ありがとうございます。助かります」

俺「ではこの後、中村から連絡させます」

電話を切った後、中村に連絡した

中「本当に迷惑かけてすみません。ちょっと時間を置いてから電話させていただきます。」

俺「素晴らしい。後数日頑張ろう。」

中「はい。僕が『受ける』と判断したので絶対に最後までやらないとと思ってます。頭では理解できるんですけど、〇〇さんの事を思い出すと、、、ただ社長のおかげで連絡しやすくなりました。ありがとうございます。」

俺「これを乗り越えたら更に成長すると思うよ。そして部下が同じような悩みに陥っても助ける力をつける事が出来る」

中「はい。頑張ります。」

中村・吉田の青春の1ページ

その後、東京本社代表の吉田が中村の部屋を訪ねた

吉「お前、このままでいいのか?お前の部下全員が俺に『迷惑かけてすみません』って頭下げて来たぞ。(日程の調整が必要だったから)いいのか?このままで」

中「悪い。風呂だけ入らして。今から現場に行く」

吉田と中村は現場に向かった

途中に中村からその社長にも電話をして

吉田から最後に報告を聞くと中村の目が変わったらしい

何か話を聞いてると『青春やな』って思った

こんな状況になっても誰も中村を責めず、皆んなで助け合おうとしてた

この雰囲気がマジで素敵やなって思った

チームワーク

人それぞれピンチって訪れる

やっぱ組織の魅力ってこのチームワークやと思う

誰かが困った時

その人をバカにしたり陰口叩くんじゃなくて

皆んなで助け合う

だから大きな事が成せる

WAVE1の1番の武器はこのチームワークや

皆んな1人では大した事なんて出来ひん

自分がピンチになる時だってある

だから皆んなが思いやる文化を大切にしていきたいな

失敗をすれば普通の会社では『減給』や『降格』などの対象になる

けど、違う

『失敗』するから成長する

『失敗』は価値や

これでまた中村勇太は成長するねんから