起業:消防設備士『業界の革命児って自分で言うのだいぶ痛い』vol.559 2020.7.29

東京1199日目!

あらすじ

俺のブログを読んでくれた方とzoom
「何このイキった奴。『業界の革命児』とか自分で言うの痛いな。こう言うビックマウスな奴って見てて寒いわぁ〜」と思って読み進めて行くと好きになってくれた

『ビルメ(web)』はこちら

初めての消費税

【29日】

昼から顧問税理士の関くんと打ち合わせ

WAVE1は5月決算

3期目の決算報告書が完成したからその打ち合わせ

決算から2ヶ月後に税金を支払う(ウチは7月末)

今回3期目という事で初めて消費税を支払うことに

2期目までは免除される

いやぁ〜

金額大きい

売上は1億7200万円で着地

目標の2億円に届かんくて残念やけど仕方ない

コロナで民泊工事が全部なくなったのは流石に読まれへんかった

けど、その分他の工事でこれからしっかり立て直して行こう

『ビルメ(web)』はこちら

今年はビルメへの投資も大きくやってたし

今期はそこも大きく売上に貢献してくれると思う

後は新しいITサービスも作っていく

とにかく忙しいけど全部やり切る

その為にも消防設備点検や工事で売上と利益を上げることが必須

でないとビルメのアップデートや新しいITサービス

事務所の引越しも出来ひん

だからゆっくりしてる余裕なんて微塵もない

株式会社WAVE1の1期目(1月〜5月)は4ヶ月しか設定してなかった

だから実質2期で2億円弱の会社を作ってるのはすごいってよく褒めてもらえる

自分でも冷静に考えると『出資無しでやってるにしては確かに凄いかも』って思ったりする

けど、やっぱり3期目の目標達成出来ひんかったことは悔しいな

今期(4期目)は大きく飛躍させるぞ

点検・工事はもちろん

ビルメや新サービス

全て合わせて目指せ10億円

個人名刺

17:00から北海道のWEBクリエーター五十嵐さんとzoomで打ち合わせ

五十嵐さんとは新プロジェクトで知り合った

初めましてで以前一回zoomしたことはある

まだ会ったこともないけど、お互い動画で顔も声も知ってて

雰囲気も分かるから何か何回も会ったことのあるような錯覚に陥る

自分用の個人名刺を作りたいと思って相談した

もちろん五十嵐さんに仕事として依頼する

新プロジェクトの内容や

ブログのこと

著書(最強の仕事)のこと

美容サロン(WAVE1bauty)の経営者であること

ビルメのこと

そして株式会社WAVE1の社長であること

あと、今年から講師にもなる

(それぞれに対応したQRコードも付ける)

その辺の肩書が全部分かるような名刺が欲しくて

五十嵐さんに依頼することにした

完成が楽しみや

『業界の革命児』って自分で言うのだいぶ痛い

北海道でめちゃくちゃ大きい会社の方とzoomした

その方はネットでたまたま俺のブログを見つけた

「何このイキった奴。『業界の革命児』とか自分で言うの痛いな。こう言うビックマウスな奴って見てて寒いわぁ〜」

と思いながらブログを読み始めた

どうせこんな調子乗りはすぐに落ちぶれる

そう思いながら読み進めると途中から

「ん?この人は本物なのかも」

と思うようになり

途中からめちゃくちゃ興奮してくれた

「この人と繋がりたい。」

↑『最強の仕事』購入はこちら

そして著書『最強の仕事』も購入して読んでくれた

そしてブログと本を全部読んでからTwitterで連絡くれた

北「はじめまして。ブログと本を全部読んで凄く感動しました。」

俺「凄く嬉しいです。」

北「ブログ読んでる途中でめちゃくちゃ連絡したくなったのですが、吉村さんのブログで『全部読んでから連絡してほしい』という記事を見て全部読んで書籍も読んでから連絡しようと思いました。」

俺「全部読むのめっちゃ時間かかりませんでした?」

北「2週間位掛かりましたね。」

俺「めちゃくちゃ嬉しいです。ありがとうございます。」

↑当時のブログ記事はこちら

北「北海道へ来たときのブログも見ました。またお会いしたいです。」

俺「是非是非!僕もめちゃくちゃ会いたいです。」

北「僕、本当に最低な性格で、人のことをすぐにバカにするタイプなんですよ。上から目線で人を見るんです。始めは吉村さんの事めちゃくちゃバカにしてたんですが、ブログを読み進めていく内にそんな自分が情けなくなりました。」

俺「なるほど!」

↑当時のブログ記事はこちら

北「利益とか抜きにして純粋に吉村さんの繋がりたいと思いました。社員への姿勢、ビジネスの考え方など本当にどれも魅力的で学びたいと感じました。始めに吉村さんのこと『痛いヤツ』とか思ってしまってすみません。」

俺「いえいえ!最高に面白いです!それに僕みたいに目標と期限を口にして進むタイプって『落ちぶれろ』って思われやすいんで慣れてます。笑」

北「え!?そんなヤツ僕が許しませんよ!笑」

最高に笑った

めちゃくちゃ楽しかった

自分でも思う

『業界の革命児』って自分で言うのだいぶ痛い

けど、それも戦略

始めはちょっと恥ずかしかったけどもう慣れた