起業:消防設備士『絶対に辞めさせへんからな』vol.480 2020.5.13(後)

東京1123日目!(後)

あらすじ

「絶対に辞めさせへん。今辞めたら一生後悔するぞ。逃げるな。こんな歴史的な大不況で営業の結果なんて出んくて当たり前や。正当っぽい理由並べて辛いことから逃げるな」
別に冷静な時に(WAVE1合わんな)と思って辞めるのは全然いい。価値観があるから。けど今辛いから辞めるのはただの逃げやから許さん
それは本人が今後一生傷を負うから絶対辞めさせへん

『ビルメ』はこちら

乙6のアドバイス

【13日(後)】

左:長沢防災吉川さん 右:俺

長沢防災の吉川さんとのzoom後

19:00〜20:00でzoom

防災屋に入社したばかりの方と喋った

消防設備士乙種6類にチャレンジするとの事でアドバイスを欲しいと連絡が来た

決められた少ない時間やけど可能な限り伝えた

けど勿論全部を伝えることは出来ひんからホンマに勉強のコツだけ話して

↑クリックして観てみて下さい

あとは俺のYouTube動画を何回も見てそこで話してるポイントをしっかりと覚えていくことを伝えた

後はざっくばらんに話した

俺の本(最強の仕事)を本屋で探してくれてたらしいけど見つからんかったらしくて

『最強の仕事』購入はこちらから

Amazonで売ってることを伝えたら「買って読んだ後社内に広めておきます」と言ってもらえた

ホンマにありがたい

絶対寝てるはず

左:テクノメンテナンス田川さん 右:俺

20:30〜21:30はテクノメンテナンスの田川さんとzoom

ムッツリスケベの顔と眉毛が特徴の人

俺がこれから行うプロジェクトの全容を話した

田「それはヤバイですね。いや、本当に。悪い所が見つからないです。僕がずっと成したかった事が実現します」

俺「でしょ!?これはホンマに面白いですよ!一緒にやりましょう」

田「是非一緒にやらせてください。僕今日興奮して寝れないと思いますわ」

とお互いめちゃくちゃテンション上がって話し合った

田川さんは目ん玉を丸くして「興奮して寝れない」と言ってくれたが

多分その後普通にしっかり寝てると思う

(俺の予想やけど)

絶対に辞めさせへんからな

その後、22:00から市毛と話した

市毛は今大きな壁にぶつかってる

営業として頑張ってるのにコロナショックの影響で結果が出ずに自分の存在価値が無いと思ってしまってた

↑当時のブログはこちら

この前ブログに書いたけど、そこからも連鎖的に悩みが降り注いで苦しんでた

悪い空気感の時って連鎖的に色々降り注いでくる

そしてその苦しみから逃げ出したくて、色々理由を付けてWAVE1を離れようと考えてたらしい

俺「今逃げたら一生後悔するぞ。いいか?今色々な正当っぽい理由を並べて辞めたとしてもそれは逃げや。本音は結果が出やん今の状況が辛くてその現実から逃げようとしてるだけやねん」

市「はい。その通りです」

俺「絶対に辞めさせへん。別に普通に冷静な時に『自分はWAVE1に合わないな』と思って辞めるのは全然いい。人それぞれ価値観があるから。けどな。今は違うやろ?ただ目の前の辛い状況から逃げ出したくて、『失敗したくない』って思いが強くて、自分を守る為に色々言い訳考えて結局辞めよう(現実逃避しよう)とするなんて、絶対させへん。それは本人が一生忘れられへん傷になるから」

市「はい」

俺「ていうかな、今回のコロナショックって歴史的な出来事やねんで?そんな状況で今までみたいに成果出せるわけないやろ?そんな事をいちいちWAVE1内で責める奴おらんやろ?」

市「居てないです」

↑クリックして観てみて下さい

俺「何回もブログで書いてるし、YouTubeでも話してるけど改めて伝えるな。WAVE1にとって社員が失敗することは『成長』やねん。失敗せな成長しやんねん。社員1人1人が成長していかな会社は成長しやんねん。だから『失敗』して申し訳ないと思わんでええねん。俺今まで一回も社員が失敗して怒った事ないやろ?いつも失敗の報告受けたら『良かったな』って言ってるやろ?あれはそういう意味なんやで」

市「確かにいつも仰ってます」

俺「失敗したらしっかり反省して改善してまた前向いたらええねん。失敗して逃げ出したくなる気持ちは分かる。俺も社員の皆んなも死ぬほど失敗したから。けど、逃げへんかったから今も皆んな成長し続けてるねん」

市「はい」

俺「あとな、これはWAVE1だけの話やねんけど、日本一を達成したら今までの日々がマンガとドラマになるねんで?WAVE1物語ってタイトルで。多分このやり取りはマンガ・ドラマのエピソードに出てくる。そう考えたら凄くない?今はフェードアウトしててもそこから逃げずに戻ってきて、それで前を向いてまた進み始めたらさ。その出来事が数年後、まだ出会ってない誰かに届いてその人が勇気をもらったりするんやで?」

市「確かにそれは凄いです」

中村勇太

俺「麻布の民泊工事の出来事で中村勇太にファンがいっぱい出来てるのもそうやろ?普通じゃあり得へん状況で逃げずに完成させたから、それがめちゃくちゃ凄い事やから今となって皆んなが本やブログを見て感動してくれてるねん。『辛くて消防設備業界辞めようと思ってましたが中村さんのエピソードを見て頑張ろうと思えました』ってよく色んな人に言われる。」

市「あれはWAVE1の歴史でもTOP5に入る出来事だと聞いてます。」

俺「ピンチやから、あり得へんくらいのピンチから乗り越えたから、だから皆んなの胸に響いてるねん。今回もそうやで?コロナショックなんてめちゃくちゃピンチやん?歴史的大不況やん?こんな展開やからこそ物語のエピソードとした最高のネタになると思わんか?」

市「確かにそう考えれば凄い状況です」

俺「ここでさ、逃げずに舞い戻って復活するエピソードを作ろうや。自分自身のためは勿論やけど、数年後その出来事を知る日本中の人達の為に。それを観た人は今の自分と照らし合わせて勇気をもらえると思わん?」

市「本当にその通りです。自分は今まで社長の言うWAVE1物語というものの本質を理解していませんでした」

俺「面白いWAVE1物語作ろうや。皆んなで。」

市「はい!これを最高のエピソードに出来るように、絶対逃げずに頑張ります!」

市毛は色々複雑に絡まりあった問題と向き合ってた

けど、それも物語として楽しむこと

俺が日頃から伝えてる意味がホンマの意味で分かってくれた

・『失敗』は皆んなで喜ぶべき事

・『ピンチ』は最高のエピソード

ネタにしよ

これはこれからも増えるWAVE1グループの皆んなに分かって欲しい事

コロナショックは日本中で多くの人の心を沈めてしまった

その人たちが弱いわけじゃない

それで当たり前

けど、折角一回の人生やねんから

それをネタにして、これを逆境にして

思いっきり成長して

逃げずに向き合って戦うしかない

そんな日々を楽しむしかない

いつかさ

今の所状況振り返った時

いい酒のネタになるで

『ビルメ』はこちら