起業:消火設備士『青木くんの熱い想い』vol.311 2019.12.27

東京898日目!

あらすじ

取引先がアプリを使ってくれることになった
夕方皆んなで乾杯した後、青木くんが俺の部屋に来た
熱い想いを伝えてくれて嬉しかった
自分自身が上に行く為には現場作業だけではアカン
もっと情報を取って考えて動くことが大切

もうすぐや


【27日】
朝は消防設備業の取引先に来年から新代表になる吉田とシステムチームリーダーの八木さんと行った
ウチのシステムを来年からガッツリ使っていってくれることになった
めちゃくちゃ嬉しい
今年から消防設備点検と消防設備工事でウチとガッツリやり取りさせてもらってる大手防災屋
「完成したらいっぱい使いたくなりそうだなぁ」
と言ってくれた
来年の完成が待ち遠しい
早く皆んなに見てもらいたい
去年の8月からシステムのプロジェクトがスタートしてるから
もう1年4ヶ月経ってる
ホンマ途方もない時間とお金が掛かってる
けど、もうすぐや
来年2月のリリースに向けて年始からも気を抜かず頑張っていこう

軽く乾杯


夕方から事務所におる皆んなで軽く乾杯
まあ、皆んな連日忘年会で飲みまくってるからソフトドリンクで軽く乾杯
体調崩した社員が数名おって東京本社メンバーが全員揃うことは出来ひんかった


やっと何となく今年の終わりを感じた
まあ、まだ普通にやる事残ってるし全然落ち着いては無いけど
とりあえず今日から故郷に帰る社員もおるし
皆んなひとまずお疲れさん
今年一年のWAVE1の振り返りは12/31のブログで書きます
にしても長かったなぁ
今年の初め、社員6人やったとか信じられへんくらい濃く成長できた


今社員17名で内定者が6名
まだまだ社員増やす
東京で社員50人
大阪で社員15人
を目指して頑張ろう

青木くんの熱い想い


夕方の乾杯が終わった後、社長様に社員の青木くんが入ってきた
(領収書の精算かな?)って思って
「どうぞー!」
って言った
そしたら熱い想いを話しに来てくれてビックリ
今まで俺の部屋に入ってきて熱く話すことなんて無かったから(喫煙所とかではたまにあったけど)めっちゃ嬉しかった


青「社長、今年はありがとうございました」
俺「おう!来年も頑張ろうな!」
青「正直、今の自分のレベルの低さに焦っています。来年、会社の異常な成長に付いて行けるかって。。。でも、絶対付いていきたいんです」


青木くんの消防設備点検のレベルは全然低くない
前職の経験からガスの消火設備の知識も豊富やし、それ以外の設備も業界経験が6年以上あるからしっかりしてる
正直、これからのWAVE1はあんまり向上心無くても消防設備点検の補助者であれば社員として在籍してても何の問題もない
やる気が無くても充分戦力になるくらい主要メンバーが何とかしてくれる
でも青木くんはそれでは満足が行かんから俺の元に話しに来た

現場作業だけではアカン


自分もWAVE1の主要メンバー(チームリーダーレベル)の1人になる為に
俺「そうか。。。正直、青木くんの作業レベルは全然問題ないと思ってる。それに向上心が強いからこれからもドンドン成長すると思ってる。ただし、上を目指すなら現場作業だけではアカン。」
青「はい。」


俺「社長である俺が何を考えてて、今どんな仕掛けを準備してて、その為にどんな人達と話し合ってるか。そういう所まで意識して理解する必要がある。そうすれば次にどんな事が起こるかがわかる。それが分かってれば自分は何をすればいいかが読める。」
青「なるほど。」

世の中の流れ


俺「それに、世の中の流れもしっかり理解したく必要がある。それによってWAVE1も敏感に対応していくから。それと、しっかり経営者としても目線で会社の売上や利益を見て、自分がどうすれば成長出来るかを考える必要がある」
(ウチは社員に毎月の売上と利益を公開してる)
青「はい。」


俺「上を目指すなら上司に指示されてから動いてたらアカン。会社の成長の為にどうすればいいか、自分で考えて動く。」
青木くんは出来てない訳じゃない
けど、敢えて厳しく伝えた
成長して上がってきて欲しいから

自分の目と耳で


多分、俺の部屋をノックするのって青木くんにしてみたら気軽に出来ることではない
いつも来てるわけじゃないから
だからこそ嬉しかった
俺「これからも気軽においで。別に何か報告とか無くても。俺が今何を考えててどう行動してるのか、ブログでは細かく全部書いてる訳じゃないし、自分の目と耳で最先端の会社の情報取りにおいで。遠慮せんでいいよ」
青「ありがとうございます」
目頭を熱くさせて青木くんは部屋を出た
熱い社員が多くて嬉しい
熱いメンバーの掛け算が会社の成長に直結する