起業:消防設備士『漫画が完成』vol.310 2019.12.26

東京897日目!

あらすじ

俺が漫画になった
俺のブログ等を見てストーリーを作り上げてくれてめっちゃ嬉しい
ウチの工事チームの忘年会で吉田の言葉に泣きそうになった
「吉村拓也を日本一の社長にする」
その為には俺が誰よりも成長しよう

漫画が完成

【26日】
夕方、漫画の制作会社から連絡が来た
遂に俺の漫画が完成した
キッカケはウチの顧問
顧問が以前「吉村社長を漫画にしようと思ってる。何かを伝えるとき漫画はとても効果的だから。僕の知り合いで最大手のマンガ制作会社の社長がいるから今度話してみるよ」
と言ってくれた
そしてその漫画制作会社の社長が乗ってきてくれた
とりあえず無料で4ページだけ作ってみよう
という始まりやった
それから制作会社の事務所で軽く顔合わせで話してると
「吉村社長のことを伝えるには最低でも8ページは必要」
と言ってもらい、まさかの増量をしてくれた
漫画のシナリオについては俺は全く口を出してない
俺のブログなどをガッツリ見てくれて
それで全部作ってくれた
信じられへん
ホンマに嬉しい
自分で話さんでも、初めましての人が俺のことやWAVE1の事を知ってくれてて
プロ同士が話し合ってシナオリ考えてくれて
俺が漫画になった
まあ、俺の起業のキッカケがワンピースってことで
顔はちょいルフィに寄ってるけど
社員の顔は皆んなめっちゃ似てる
全員入れられへんかったから今年の前半で入社した社員達を登場させた
5年後、消防設備業界日本一になった時には
改めて今までの物語をまとめてガッツリ漫画にする
その為にも面白い物語にせんとな

オンライン会議


夕方はシステムチームがオンラインで会議をしてた
アプリの登録ユーザーに対して個人認証や反社会勢力でないかのチェックを行う
それをその業界では有名な第三者機関を使って行う
その為のシステム上最終段階の打ち合わせ
ホンマに考える事がありすぎてヤバい
一つ一つしっかり課題を解決していこう

見た事がない


夜は取引先の忘年会に参加
そこの会社は凄い歴史のある消防設備業の会社
その会社の社員の人達の中で
「WAVE1ほど勢いのある会社は見た事がない。きっと凄い会社になる」
と言ってもらえた
今年からめっちゃ仕事のやり取りをしてる会社で消防設備点検もやってるけど、消火系の消防設備工事を中心にめっちゃレベルの高い会社やから、これからも更に深く付き合っていければと思う
吉田はビンゴ大会でいくらを当ててた

社内の工事チーム忘年会


それが終わってから社内の工事チームの忘年会
ウチに工事の応援にめちゃくちゃよく来てくれてる
大堀さん、ハルトさん、ヒロくんも来てくれた
皆んなめっちゃ明るくて面白い
大堀さんは工事作業レベルがめっちゃ高いからウチの社員達もめっちゃ勉強になってる
そういう人がWAVE1の現場に優先的に来てくれるのがありがたい

2次会


皆んなで2次会行ってめっちゃ熱く語った
1人ずつ今の想いを話す流れになった
皆んな本気で話しててめっちゃ感動した

吉田の言葉


最後に来年から代表になる吉田の言葉
「皆さんお疲れ様です。2020年より代表をやらせてもらいます吉田と申します。青きちがさっき言ってたけど「(会社の成長に対して自分自身の成長が)遅れてるんじゃないか」って言ってたけど、俺はそんな事思ってなくて。皆んなが足並みを揃えて今があるからこそWAVE1が成長してると思ってるんで。もしそういう奴が居たら俺とか副代表を始め皆んなで引っ張っていけばいいだけの話なんで。そこは皆んな一丸となってWAVE1を成長出来ればと思います。この前25歳とか若いメンバーで飲んでた時に、「俺たちこのまま飲み続けたら30歳で死ぬな」って話してたんですよ。30歳になった時に社長の言ってたちょうど5年後なんですよね。その時に日本一。もうやるのであればそこまで死ぬ気でやって社長を日本一の社長にする。WAVE1を日本一にするのは勿論のこと、吉村拓也を日本一の社長に出来るように、皆んなで一丸となって頑張っていければと思ってます。よろしくお願いします。」
マジで泣きそうになった

3次会でも熱い話


皆んなベロベロで最後は訳分からん状態
俺は2次会で帰ったけど、皆んなは社宅に行って3次会してた
後で聞くとそこでも工事チームがめっちゃ熱く来年の話をしてたらしい
来年も楽しみや