起業:消防設備士『立候補者の決意表明』vol.283 2019.11.15

東京856日目!

あらすじ

今日から5日間は東京本社代表選挙の投票期間
今回は立候補者3名の決意表明を公開
ブログ公開用ですがそれぞれの個性が出ててオモロい
誰が選ばれるのか
楽しみにして待ってて下さい
皆んな熱い
だから面白い

立候補者の決意表明


【15日】
さて今日から20日までの5日間が投票期間です
ここで東京本社の社員達が投票を行い、1番票を取った者が来年の『東京本社代表』になる
今回は立候補者3名の意気込み(本ブログ掲載用)を載せますので皆さんも誰が代表になるか楽しみにしててください

吉田 祥平


エントリーナンバー1
吉田 祥平

お疲れ様です。

東京本社代表決意表明を送ります。

今回東京本社代表に立候補しました、点検チーム主任の吉田です。

前々からWAVE1の社員や、社長にはずっと次の東京本社代表になるのは俺がなると言い続けてきました。

今だから言える誰にも言ってなかった事を言うとWAVE1に入った時はその気持ちは有りませんでした。その時は現東京本社代表の中村が相応しい人物だと思っていたからです。中村には俺にライバル意識をもってくれたらと思いながら、次の代表には俺がなると言い続けました。

ですが、実際にWAVE1で働いて会社の成長や、社員皆の意識の高さを改めて感じた時にこの東京の代表の景色が見たくなりました。

この個性の塊の社員達の中で、自分がトップに立っていたら、どんな人生になるんだろうとという好奇心が勝ってしまった事が今回東京本社代表に立候補した理由です。

俺は八木さんみたいにパソコン強くないですし先々まで見通して色んな戦略は立てられません。

後藤さんみたいにしっかりみんなのサポートを隅々まで行える気配りが出来ません。

桒原さんみたいに超ポジティブにガツガツ営業できません。

中村代表みたいになんでも吸収していって工事をスピーディーに丁寧に行えないです。

アーロン『てめぇに一体なにができる!!!』ゴォ

アーロンにもし、こう言われたらこう答えます。

吉田『この個性の強い社員達をまとめ上げて誰にも負けないリーダーシップで会社を更に成長させる。』ドン!

最後は選挙っぽく締めます。

『吉田に清き一票を宜しくお願いします!』ドン!!

板垣 里久昇

エントリーナンバー2

板垣 里久昇

今回、代表選に立候補した

板垣です。

あまりこういうことを書くことがないので恥ずかしいですが、正直な話立候補したのはいいものの、自信は全くありません。

こんなこと言うもんじゃない

というのはわかっていながらも、言いたくなるくらい自信がありません。

それは同じく立候補した人たちが自分の中で、あまり言いたくありませんが、とても尊敬している二人だからです。

現代表の中村代表に関しは、周りを和ませ、現場では休みが少ない中でも会社のために

身を削りながら全力で頑張るその姿は、とても素晴らしいと常々思います。

(こんなこと普段は絶対言いません)

もう一人の点検チーム主任吉田さんに関しても

周りの社員の日程調整や現場をまとめる力、その他会社に関わる細かいところまで、しっかりとみていて社員を大切にするその姿は、さすがというしかありません。

部下として教わっていた時から変わらず周りを大切に思う姿は本当にかっこいいと思います。

 (こんなこと恥ずかしくて普段は絶対言いません)

なんか上の文章は敵なのに褒めてるみたいで気持ち悪いですね。

でも、そんな二人に絶対に負けないと思える部分が自分には一つだけあります。

それは代表になりたいという思いです!

この想いに関しては絶対に二人には負けません。いやむしろ負ける気がしません。

WAVE1に入った時から絶対代表になってやる!

と思っていました。

この思いだけは今も変わりません。

自分はまだまだ未熟で、ガキだと言われることも多く社員に尊敬されるような人にはなれていません。

ですが、これこそが代表に立候補した理由でもあります。

自分が成長するためには代表になり、周りを支え、支えてもらいながら自分自身と会社と一緒に成長していき代表としての仕事を完璧にこなし

社員のことを大切に思い、次の代表選のとき

社員のみんなに自分が代表でよかったと

言わせられるようなそんな代表になりたいです!

というか、なります!必ず!

以上が板垣里久昇が思っていることです。

最後になりますがどんな結果であってもこの三人で代表選にでれたことが自分は何より嬉しく思います。

中村 勇太

エントリーナンバー3

中村 勇太

次期東京本社代表選挙の決意表明を

させて頂きます。

私が目指す東京本社代表は、社員全員で

掲げた目標を達成する組織作りのできる

本社代表です。

その為に一番大事なのはみんなとの会話です。

社員一人一人の思いに寄り添い、一人一人を尊重し、自分自身が先頭に立ち全員を引っ張っていける代表になります。

私一人でできることはたかがしれてます。

一人一人価値観や経験は違います。

私からもみんな一人一人の個性を吸収させていただき、勉強させていただき、みんなを引っ張る代表になりますのでよろしくお願い致します。