起業:消防設備士『子会社を設立』vol.233 2019.8.21

東京771日目!

あらすじ

WAVE1グループとして子会社を作ることにした
大阪で今年中の設立を目指して動く
アプリのプレゼンは順調に進んでる
ウチは東京での民泊工事シェアNo. 1を獲った
民泊専用チームを作ってる防災屋とはスピードが違う

子会社を設立


【20日】
昼は千駄ヶ谷で打合せ
大阪で『株式会社WAVE1メンテナンス』という子会社を設立する事にした
今年中に作る
大阪で建設業の許可も取る
建設業の許可取得が得意な行政書士の山田さんに色々教えてもらった


山田さんは俺を小学生の頃から知ってて、去年ベトナムも一緒に行ったりと仲良し
「拓也くんは今まで僕が数多く出会ってきた経営者の中でも断トツで大きくなる可能性を感じる」
と言ってくれた
ホンマに嬉しかった
リスクを取らな成長はない
てか、リスクを取らんことが最大のリスク

プレゼン成功


夜は八木さんと門前仲町へ
以前アプリのプレゼン成功した会社の偉いさんとご飯
めちゃくちゃ前向きに使ってくれると言ってもらえて嬉しかった
その人は全メーカーに知り合いがおるらしい
「このアプリは消防設備業界の人材不足問題を解消する為に絶対必要だと思います!全メーカーに吉村さんがプレゼン出来るように紹介します」
鳥肌が立った
めちゃくちゃ優しくて誠実な人
俺は人の運が強過ぎる

民泊ブームは終わらへん


【21日】
朝は信用金庫の人が事務所に来てくれて軽く話してた
その後に歯医者


昼からは桒原さんと後藤さんと八丁堀へ
知人の紹介で民泊の管理会社へご挨拶
今も民泊のブームは終わらへん
オーナーさんはオリンピックに向けて皆んな一件でも多く民泊を運営出来る部屋を探してる
噂では、オリンピックの時期は民泊の宿泊料金は通常の10倍になるとも言われてる
だから皆んな一生懸命探してる
民泊出来る部屋が見つかると保健所の申請と消防設備の申請・工事が必要になる
それをWAVE1が事業として行ってる

民泊営業担当の桒原は毎日電話が鳴り止まん

儲けれる自信はある


「吉村さんは民泊ビジネスやらないの?それだけ知識があれば絶対いい部屋見つけられるでしょ」
ってよく言われる
民泊の知識はあるし、儲けれる自信はある
けど、民泊に300万円投資するなら
今開発してるアプリを進化させる為に投資したい
もうアプリの事しか興味がない

民泊の管理会社


今回挨拶に行かせてもらった会社さんは民泊の管理会社
民泊ビジネスを運営したいオーナーさんがビジネスをスタートさせた後に管理をお願いする際に依頼する会社
自社でもマンション一棟を丸々民泊ビジネス出来るようにしてオーナーさんへ渡す形を取ってる


だから消防設備工事の規模も大きいものが多い
大型工事が増えそうで嬉しいな
向こうの担当者も喜んでくれた
「防災屋さんって皆んな忙しくて数ヶ月先まで動けないって言われるんですよ。。。」
消防設備業界は3ヶ月先まで予定が埋まる事が多い
だから急遽の工事に対応するのが難しい

民泊工事シェアNo. 1


けど、ウチは民泊工事専用チームを作ってるからすぐに対応出来るし早く引き渡しが出来る
民泊特化でチームを作らないと1ヶ月に40件回す事は出来ひん
去年の法改正前から準備してたことで
東京の民泊工事完了件数はシェアNo. 1を獲れた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。