起業:消防設備士『いざ、Googleへ』vol.226 2019.8.2

東京752日目!

あらすじ

Googleとの打合せ
もう同じ会社っていう感じではない
どれだけ凄いのかが今の自分では理解が出来ひん
もっと成長しないと
理解する事さえ出来ひん
夜は事務所でパーティー
成長と共に当たり前は変化する
今を大切にしよう

いざ、Googleへ


今日は朝からそわそわしてた
何か分からんけど落ち着かへん
昼からシステムチーム3人で
あの有名なGoogleに打合せに行く


朝事務所で点検チームの社員が消防設備点検の報告書の入力をしてた
「おはよう。あ、今日Googleと打合せしてくるわ」
って言ってる俺の顔はめちゃくちゃイキってた
全員それを見て爆笑
そう言いながらもまだ実感が無かった
13:00からアポやけど11:00に事務所を出た


六本木ヒルズに着くととりあえずテンション上がった
早く着き過ぎたから近くのカフェで時間を潰すことに
カフェにVRの体験コーナーがあった
どんなカフェやねん


とりあえず体験
画質はまだまだやけど、それさえクリアすればスポーツ観戦はめちゃくちゃ面白くなるな


時間になったからGoogleへ
・・・とにかく凄い
もう意味が分からんくらい凄い
会議室の名前は『山手線』の駅名やった
俺らは『新大久保』で打合せ
広告の種類や費用感を伝えた
それを基にどうやってマーケティングするかの打合せ
Googleの担当者と八木さんの会話に専門用語が多過ぎて付いて行かれへんかった
打合せ始まる前に担当者に向かって
「社員食堂見せて下さい!!」
と言った
Googleの社員食堂はめちゃくちゃ凄い事で有名やから
一回見てみたかった
打合せのキリが良くなると食堂で担当者とお茶をした
もう高級レストランかってくらいの絶景
食堂なんてもんじゃないくらいオシャレ
そこで色々話した
Googleの社員さん達は雰囲気が凄い
何か会社って感じじゃない
皆んな『労働』って概念で働いてない
もう全てが異次元やった
会社っていうよりテーマパークに来てる気分


Googleを後にして六本木ヒルズの喫煙スペースへ
何か一気に疲れた
放心状態になった
(・・・あれが世界一の企業かぁ)
八木さんが口を開いた
「何かRPGのはじめにラスボスと出会った気分ですね」
しっくり来た
WAVE1もこれからどんどん大きくなって行こうと思ってる
けど、まだまだ物語が始まったばかり
ポケモンで言うと『トキワの森』ら辺かな?
そこでいきなり『ミューツー』と出会った気分
何か底が知れん
今の自分ではどれだけ凄い企業か分からへん
ただただ『凄い』しか出てこやん
自分自身、経営者としてLV.2の状態で
LV.100のモンスターに出会った感じ
もうそりゃどれだけ凄いのか何て分からん
自分自身が相手の実力を分かるためには
自分がある程度のレベルにならないと
まだまだこれからや
今から
俺自身も
会社も
もっともっと成長して
まず理解出来るようになろう
Googleという会社がどれだけ凄い企業なのかを

世界一を一部だけでも見れて良かった

知らない事を知れて良かった


夜は事務所で歓迎会兼社員の引越しパーティー
もう笑い過ぎてお腹が痛いわ、、、
皆んなアホ過ぎてしんどい
アットホームで皆んなが仲良くて最高の空間
けど、皆んな理解してる


これは今年までやって
来年からはこんな風にはならん
全員でってのは無理
システム開発チームだけでも人は増えていく
事務所も変わる可能性があるから現場系の人達とは話す機会も中々無いかも・・・
先のことは予想出来ひんけど
会社が成長するって事は今までの『当たり前』が変化していく
だから今の当たり前を噛み締めて楽しもう
成長を続ける上で、いつどんな変化が起こるかは誰にも分からんから